世界の8人に1人 ネット購入に仮想通貨を使用|ビットコイン決済受け入れ企業も急増

世界の8人に1人が、インターネット上で商品を購入する際、ビットコインなど仮想通貨を使用しているとカスペルスキーラボの研究者が発表した。また、コインマッププラットフォームのデータによると、ビットコイン決済を受け入れる企業の数は過去6年間で700%以上増加している。

世界の8人に1人が仮想通貨で購入

カスペルスキーラボが実施した調査には22か国12,000人以上の人々が参加した。調査結果によると、回答者の少なくとも約13%の人が決済方法として仮想通貨を一度でも使用したことがあるという。ただ、暗号通貨は依然として最も普及していない決済方法であり、回答者の81%がオンライン購入時にはクレジットカードを使用していると回答した。 しかし同時に、世界中でデジタル通貨の採用が増えている事実をも示していると言えるだろう。

カスペルスキーラボのヴィタリー・ムツォコフ氏はこの調査結果について下記のようにコメントした。

「仮想通貨価格の下落にもかかわらず、消費者は依然としてデジタル取引に高い関心を示しています。 私たちの調査によると、13%の人々が支払い方法として仮想通貨を使用していました。これは私たちにとって予想外の結果でした。」

ビットコインの価格は2018年に80%以上下落。しかし一部のオンラインストアの仮想通貨使用には影響がないようだ。

仮想通貨受け入れ店舗も増加

さらに注目すべきなのは、オンラインストアが支払いに仮想通貨を受け入れることを恐れていないことである。 この研究結果は、これまで伝統的な金融機関が盛んに提唱してきたような、''仮想通貨は投機のためにのみ使用されていてオンライン取引には何の利益もない'' という主張を覆すものとなる。

ビットコイン決済の受入率に関しては、コインマップのデータによると、ビットコイン決済を受け入れている企業は約6年前の2013年には1789社であったのに対し、現在では1万4346社と702%増加している。

昨年から様々な会社がビットコイン決済を受け入れ始めたという報告が増えているが、これはオンラインストアだけに限らない。

昨年秋にはアメリカの自動車ディーラー''ポストオークモーターカーズ'' (Post Oak Motor Cars)がビットコインとビットコインキャッシュによる決済受け付けを追加し、その直後にはカナダのバークスグループ(Birks Group)のジュエリーストアのオンラインストアがビットコイン決済の受け付けを開始したことが報じられた。またブラジルでもスーパーマーケット、''オアシススーペルメルカドス'' が昨年12月に仮想通貨決済の受け付けを開始し、時を同じくして、同国内の映画館も今年からビットコイン決済を受け付け開始したという。

著者 ロシアンOLちゃん
14歳の時に来日してから日本が好きになり、日本語の勉強を始める。大学卒業後、商社、PEファンドなどを経て、現在ではブロックチェーン産業に携わり、SNSでロシアや欧州のブロックチェーン、クリプト情報を発信している。