イスラエルの仮想通貨・ブロックチェーン関連企業、2019年に約32%増加【ニュース】

イスラエルのビットコイン協会によると、同国における仮想通貨・ブロックチェーン関連企業の数が2019年に約32%増加したという。現地金融系メディア「グローブス」が2019年12月30日に報じた

グローブスによると、2018年末には113社が存在し、2019年には150社が活動していたそうだ。2019年の150社のうち40%は何らかの製品をすでにリリース済み、25%が研究開発段階にあるという。

一方2018年の113社のうち、2019年末現在でも営業を続けている企業は63社のみで、残り企業の情報は入手できていない。ビットコイン協会は、情報が不足している点について、営業期間が1年未満だった企業が存在する点、またフィンテック関連やサーバーセキュリティ分野が主力事業で、ブロックチェーンを組み合わせている企業がある点を理由に挙げているようだ。

従業員数、資金源

また記事では、従業員数に関する詳細なデータは明らかにしていないものの、2017年・2018年と比較し、2019年は大幅にその数が減少したと述べている。65%の企業の従業員数は10人以下で、31%の企業は11人から50人となっているという。

このほか、多くの企業が3年以内に起業した新興企業であり、現在も営業している企業の30%が2017年設立、また30%が2018年に設立したそうだ。

資金源については、イスラエルで営業している仮想通貨・ブロックチェーン企業の44%が2019年に自己資金を調達し、42%が投資家から調達したという。同時に、7%の企業が独自収入により事業を運営しているそうだ。


翻訳・編集 コインテレグラフジャパン