ニューヨーク証券取引所が年明け早々ビットコインETFの立ち上げ申請

 ニューヨーク証券取引所が年明け後の一週間の間、複数のビットコイン関連ETF(上場投資信託)立ち上げための申請をしていたことがわかった。ビジネスインサイダー英語版が伝えた。

 米証券取引委員会に提出された書類によると、同証券取引所はアルカ証券取引所において5つの異なったETFを立ち上げる予定だ。

 これらETFは12月にスタートした米CMEグループとシカゴオプション取引所におけるビットコイン先物価格に連動するという。

 今回申請されたETFのうち三つはビットコイン価格の上昇にかけるもので、実際の値動きに対して125%、150%、200%の値動きをすることになる。

 残りの二つのETFはベア(弱気)ファンドと呼ばれ、ビットコイン価格の下落に賭けるものだ。これについても100%と200%のレバレッジをかけることが可能だ。

 これらETFが承認されれば、CMEグループとシカゴオプション取引所におけるビットコイン先物に続くビットコイン関連デリバティブ商品となる。

 年明け早々に申請を提出したニューヨーク証券取引所の動きは、機関投資家によるビットコイン関連商品への関心を示すもので、米証券取引委員会の対応が注目される。