マネックス証券とコインチェックが初連携、仮想通貨へのポイント交換を本日開始へ ビットコインやリップル(XRP)など3種が対象

マネックス証券は24日、株式の売買などでためた「マネックスポイント」を仮想通貨に交換するサービスを本日24日の20時より始める予定発表した。先日、マネックス証券の清明祐子社長が話していたように、マネックス証券と仮想通貨取引所コインチェックとの連携が具体的に始まった。

マネックスポイントは、株式の売買や投資信託の購入でためることができる。例えば、投資信託の購入時の申込手数料(税抜)が1万円の場合、1万円×1.5%=150ポイント(1円=1ポイント換算)となる。

今回の発表によれば、1ポイントを1円相当の仮想通貨に交換できる。ビットコイン(BTC)、イーサリアム(ETH)、リップル(XRP)の3種類が対象だ。

(出典:マネックス証券「サービス概要」)

マネックス証券とコインチェックが連携するのは初めての試みだ。

4月1日にマネックス証券の社長に就任した清明祐子氏は、先日、「マネックスの顧客に仮想通貨を売り込むなど相互に商品を紹介して顧客の選択肢を広げる戦略」を表明。コインチェックとの連携を本格化させていくと話していた。