麻生大臣「デジタル通貨は新しい規制も考え、包括的にするべき」フェイスブックの仮想通貨リブラにも言及

麻生太郎財務相は5日、東京都で開かれているフィンテックイベント「FINSUM」で基調講演し、新しいデジタル通貨は既存の規制の適合性を確認するだけでなく、今はない新しい規制を検討するなど包括的に考えなければならないと述べた。

さらに金融当局が「後手を踏むことがないように、タイムリーな対応が必要」で「従来の枠組みやアプローチに頼ることなく新しい取り組みが重要」と強調した。

aso

法執行についても、自律分散型金融システムが発展するにつれてこれまでに経験したことがない状況になると加えた。

またフェイスブックの仮想通貨リブラに代表されるような「新しい通貨の発行にも注目が集まっている」と言及、「管理者がいるという点でパブリックブロックチェーンとは異なる」との見解を示した。