メキシコ:ビットコイン等に対する法整備を進める

ビットコインのような仮想通貨を扱う企業を含む、急成長中の金融テクノロジーの領域を対象として提案されている法案について、メキシコ政府は今月その内容を明かすことになっている。

 

本法案は、この芽が出たばかりビジネス領域における競争を刺激することを目的にすると同時に、顧客を保護することも目指している。また、この法案によって、メキシコ政府は財政を安定化させるとともに、マネーロンダリングや過激派達の資金調達から守ることを望んでいる。

 

 

ラテンアメリカの莫大な成長余地

メキシコは、仮想通貨だけでなく、Fintechの企業も統制しようとしているアメリカやイギリスのような少数派の国の仲間入りをするだろう。

 

Fintech企業に期待されているのは、6000万人以上もの人々が銀行口座を持っていないような、この潜在的なマーケットに割って入ることである。

 

この法案の草案には以下のように記されている。

テクノロジー革命と同程度にダイナミックな領域においては、関係当局がリスクを軽減し競争環境のなかで成長することを許容するための枠組みが必要であることをこの法案は理解している

 

 

この法案にはどんな要素が含まれているのか

この法案は、「クラウドファンダーや決済関連を取り扱う企業を含む領域において、コストを削減し競争の激化を促進を行おうとするFintech企業の運営に関係して、一連の明確な規定を定めようと、もくろんでいる

それに加え、ビットコインなどの仮想通貨を運営する企業への規制に向けられた項目も存在するであろう。これに関しては、それほど詳細が明らかになっているわけではないが、大部分を中央銀行が判断することになるとのことだ。

 

メキシコのクラウドファンディングファームであるYoteprestoの創立者ルイス・

ルベン・チャベスは以下のように述べた。

規制はこのセクターに属するすべての企業にとって、いい知らせである。なぜなら、明確なルールによって成長はより進むからだ。

 

メキシコの莫大な成長

メキシコは世界的に見ても巨大な未開のマーケットであるが、メキシコが先頭に立っているラテンアメリカの中では特にその存在は大きい。

2015年、メキシコに進出したFintechの企業はおよそ50社であったが、2017年はすでに2401社の名を知られた企業がこの業界に存在している。

 
 
  • フォローはこちら: