ビットコインは「史上最大のバブル」?メディアのバブル論は正しいのか

 今週、いわゆる「ビットコイン・バブル」と、そのバブルが「弾ける」かという話題がメディアで取りざたされた。中には、ビットコインの価格上昇をオランダのチューリップや金と比較し、バブルの大きさに関して誤解を招くようなものもあった。

 バンク・オブ・アメリカ(BoA)は「史上最大級の資産価格バブル」と主張した。ビットコインを、チューリップバブルやミシシッピバブル、南海泡沫事件、金価格、1929年の大恐慌と比較し、ビットコインは「史上最大のバブル」と結論付けた。この主張は、バブルの歴史においてもビットコインの歴史においても、明らかに事実とは異なっている

Charts 2: The greatest asset price bubbles in history

 ビットコインは、昨年12月に2万ドルまで上昇した後、65%以上下落し、現在は6899ドル前後で取引されている。

 インベストペディアのデータによれば、2002年のITバブルのような歴史的バブルの事象では、80%近く価格が下落した。バンカメが引用しているアール・トンプソン元UCLA教授の