マルタの証券取引所と仮想通貨取引所OKExが提携、セキュリティトークン特化型取引所開設へ

 マルタ証券取引所 (MSE) は19日、仮想通貨取引所OKExと共同で、新たなセキュリティトークン取引プラットフォームを開設すると発表した。

 両社による共同プロジェクト名はOKMSX。セキュリティトークンに特化し、クライアントのデューデリジェンスに注力したプラットフォームを開発する計画だ。

 MSXはまた、リリースで、証券やその他金融商品をブロックチェーン上でトークンとして発行し、エクイティ・トークン・オファリングを実施するNeufundプラットフォーム運営のベルリン拠点のフィフス・フォースと契約したことにも言及している。

 Neufundのゾーイ・アダモヴィチCEOは「この提携の目的は、世界で最初の規制された分散型グローバル証券取引所を開設することだ」と述べ、まずはパイロット事業で、市場の反応をテストするとしている。