米ロサンゼルス市、ブロックチェーン・スタートアップコンテスト開催へ 優勝者には補助金

ロサンゼルス市は、米ベンチャー企業ゴレン・ホルム・ベンチャーズ(GHV)と提携して、ブロックチェーンスタートアップコンテストを開催する。GHVが9月16日にプレスリリースで発表した。CISカンファレンスで開催予定だという。

同コンテスト「ブロック・タンク(Block Tank)」は、ロサンゼルス市長の予算・イノベーション局(MOBI)と情報技術局(ITALA)が協力して実施する。

ブロックチェーン投資にフォーカスしたカンファレンス「CIS」と合わせて開催する予定で、著名投資家でビットコイン(BTC)強気派のティム・ドレイパー氏などが審査を行い、スタートアップ4社を選出する。

優勝者には、GHVからの最低2万5000ドル(約280万円)の出資提案と、ロサンゼルス市から2万5000ドルの補助金が提供される。ロサンゼルス市最高情報責任者(CIO)のテッド・ロス氏は、以下のように述べている。

「最先端の技術を駆使してロサンゼルスの生活を改善することは、ITALAが常に最優先してきていることだ。(中略)。GHVとの連携し、CISでブロックチェーンソリューションを探究、調達できることを楽しみにしている」

試験プロジェクトでは、環境のサステイナビリティ、オンライン投票プラットフォーム、安全な住民向け個人認証(ID)システムが対象となる。

翻訳・編集 コインテレグラフ日本版