ライトコイン創始者が保有する全てのライトコインを売却、開発は継続

 ライトコインの創始者チャーリー・リー氏が20日、米掲示板Redditとツイッターで、自身が保有するライトコインを全て売却するか寄付したと発表した

 ライトコインは11月20日に71ドル付近で推移していたが、12月19日には371ドルで取引されるなど急騰していた。

 Redditにおける投稿は「6年強以来で初めて、ライトコイン(LTC)を全く保有していない状態。(記念に物理的なライトコインは多少保有している)」としている。

 売却はGDAXで行われたが、価格に影響することはなかったという。

 声明によると、「利益相反」を売却の理由に挙げている。リー氏の一言一句が価格に影響するようになったため、これを防ぐためだ。

 「ライトコイン価格等についてツイートすると、個人的利益のためにそうしているのではないかと責められる。中には私がLTCの売りを仕掛けているというものさえいる。私は大きな影響力を持っているので、ある意味においては、ライトコインを保有しながらそれについてツイートするのは利益相反の状態にある。」

 一方で同氏は、ライトコインへの取り組みは引き続き全力で進めるとした。

 「ライトコインを見捨てるわけではないので心配しないでほしい。ライトコインには私のすべての時間を費やす。ライトコインがうまくいけば、コインの保有を通してではなく違った方法で報酬を得ることができる。このようなかたちが、ライトコインの成長を見届ける上でベストの方法だと信じている」。

 また、コインベースが運営するGDAXにおけるビットコインキャッシュ価格の急上昇には関与していないとした。

LTC

  • フォローはこちら: