仮想通貨取引所QUOINEのリキッド、スマートコントラクト検証のCertiKと提携【ニュース】

仮想通貨取引所「Liquid by Quoine(リキッドバイコイン)」を運営するQUOINEをグループに持つリキッドグループは23日、ブロックチェーンセキュリティ企業であるCertiK(サーティーケー)との業務提携を発表した。

Liquidでの上場プロジェクトにおいて、規制の遵守、デューデリジェンスの実施、コミュニティーの信頼の構築を支援する。

サーティーケーはこれまでに60億ドル以上の仮想通貨資産に対してセキュリティーソリューションを実施する実績を持つ。2019年1月には仮想通貨取引所バイナンスと提携している。

サーティーケーは、イェール大学とコロンビア大学の教授によって設立されたスマートコントラクト監査企業。Formal Verification(フォーマル・ベリフィケーション)という技術を使い、ブロックチェーン上で最も頻繁に起こる重大な欠陥の一部が存在しないことを数学的に証明する。

【関連記事:仮想通貨取引所バイナンス、スマートコントラクト監査のサーティーケーと提携 | さらなるセキュリティ向上が狙い