JPモルガン共同社長、仮想通貨は「未来で役割を果たす」

 JPモルガンのダニエル・ピント共同社長は16日、JPモルガンがビットコインの世界を「模索している」ことを認め、仮想通貨が「未来において役割を果たす」と語った

 CNBCのインタビューの中で語った。ピント氏は、ジェイミー・ダイモンCEOの後継者と目されている。ピント氏は、JPモルガンがビットコイン先物を取引することができるが、まだそうすると決めていないと語った。

 ピント氏は、ビットコインベースの商品の取引について質問され、「我々はその世界を模索している。いずれにせよ、その技術が役割を果たすだろうことは疑いない」と応えた。

「もしわれわれがビットコイン先物をクリアする必要があるならば、我々はそれができるか?イエスだ。我々がそれを既にやっているか?それはノーだ」

 ピント氏のニュートラルな姿勢は、投資銀行の巨人が今年に入ってビットコインについて多少混乱したシグナルを送っていることと地続きだ。

 JPモルガンはクレジットカードによる仮想通貨の購入を禁止しているにも関わらず、ダイモンCEOを含め経営幹部は、ビットコインやブロックチェーンの有益な側面について様々なコメントをしている。

 ピント氏もまた、仮想通貨の流れの中から生まれた有益な側面が映す経済の未来を注視しているようだ。

 同氏は「経済のトークン化は、私にとって、本物だ」と語った。

「仮想通貨は本物だが、現在の形ではない」

 JPモルガンはブロックチェーンをビジネスに組み込もうとしている。今月はじめ、同社はブロックチェーン技術を使ったリアルタイムP2P銀行間決済の特許を申請している

  • フォローはこちら: