投機が減少?仮想通貨取引所のビットコインとイーサリアムの保有額が減少

仮想通貨メディアThe Blockが独自で仮想通貨取引所が公開しているウォレットを調査した結果、過去3カ月でビットコイン(BTC)とイーサリアム(ETH)の保有額が減少したことがわかった。

記事によると、仮想通貨取引所のウォレットに保有されているのは、71万6000ビットコイン(全体の4.1%)と700万イーサリアム(全体の6.8%)。過去3カ月で減少した。

(引用元:The Block 「仮想通貨取引所におけるBTCのバランス(過去3カ月))

(引用元:The Block 「仮想通貨取引所におけるETHのバランス(過去3カ月))

コインベースやBitMexなど一部の大手仮想通貨取引所は、公になっているウォレットがないため、今回の結果には反映されていない。

記事は、3カ月前より投機的な資金流入が減少したのではないかと指摘。また、取引高が減少していることを意味している可能性もあると伝えている。

2017年の仮想通貨相場熱狂時に参入した投機的な投資家が減ることを歓迎する声が出ている。

米仮想通貨投資ファンドのギャラクシー・デジタルを率いるマイク・ノボグラッツ氏は、「はじけたのは個人投資家によるバブル」だと分析した