独ボッシュがIoT特化の仮想通貨IOTAトークンを大量取得、発表うけ20%高

 独自動車部品大手のロバート・ボッシュがグループ会社のベンチャーキャピタルファンドを通して、大量のIOTAトークンを投資目的で購入したと発表したボッシュによる分散台帳技術への投資は今回がはじめて。

 これをうけて、IOTAは日本時間で19日夜から20%急騰している。

 IoTに特化した仮想通貨であるIOTAは多くの大手企業が参画する「データマーケットプレイス」を発表して以来ここ1ヶ月で急進。もともと1ドル以下で推移していたが現在は5ドル以上で取引されている。時価総額は1.6兆円でライトコインの後につける。

 ボッシュはIOTAトークンの取得に加え、ファンドからホンチュアン・ジャン博士をIOTA基金の諮問委員会に参加させる。

 ボッシュの狙いは、IOTAの有する「タングル」技術にあるようだ。これはDAG(有向非循環グラフ)とよばれるブロックチェーンの一種で、IoTに接続された機器同士のデータのやり取りを円滑化するものだ。従来のブロックチェーンのとは異なり、取引に手数料がかからないとされる。

 ジャン博士は「IOTAのチームと1年間以上仕事をし、IoTにおける機器間の通信、セキュリティ、決済の根底技術になり得る革新的なタングル技術に興奮している」。