「ビットコイン 半減期」のグーグル検索急増 「半減期の認識が新しい人々に拡散」=仮想通貨分析企業【ニュース】

2020年に入り、ビットコインの半減期への関心が高まっているようだ。仮想通貨分析を手掛けるアーケイン・リサーチのレポートによると、グーグルでの「ビットコイン 半減期」の検索数が急増している。

出典:Arcane Research

アーケインの調査によれば、「ビットコイン 半減期」の検索数は昨年12月以降に急増した。前回2016年のビットコイン半減期の時にも検索数は急増している。

アーケインはビットコインの半減期に対する検索は徐々に2019年に徐々に増えていたが、「ここ数か月で加速している」と指摘、「(半減期という)コンセプトに対する認識が新しい人々に広がっているという明確な兆候だ」と結論付けている。

ただ半減期がビットコインの上昇イベントになるかどうかは、コミュニティの中でも議論が分かれている。

アナリストの中には既に相場に織り込まれているとの認識を示す人々もいる。。仮想通貨資産マネジメントのコインシェアーズ最高戦略責任者(CSO)であるメルテム・デミローズ氏は12月、来年5月に推定されているビットコイン半減期後に価格が上がらない可能性は「かなり現実的」と発言した

一方でビットコインが半減期をきっかけに3万5000ドルまで上昇するという強気予想も出ている

アーケインは半減期が上昇イベントになるかどうかについては結論を出していないが、半減期のコンセプトが一般に広まることで「デジタルゴールド」としての認識が広まるのではないかとコメントしている。

【関連記事:単純計算で3万5000ドル?仮想通貨ビットコインの半減期で大胆予想

【関連記事:盛り上がるビットコイン半減期論争コインメトリックスが新たな理論

【関連記事:ビットコイン半減期で価格上がらない可能性「かなり現実的」=仮想通貨資産マネジメントCSO

【関連記事:個人投資家の爆発、ビットコイン半減期がきっかけになるか?グーグル・トレンドはポジティブ

【関連記事:仮想通貨ビットコインの半減期効果「もう織り込まれている」米ヘッジファンドパートナーが発言【独自】

【関連記事:「まだFOMOじゃない」「半減期は関係なし」ビットコインのテクニカル分析家2トップが見解