ニューヨーク証券取引所の親会社 数千種類の仮想通貨データ配信を開始

ニューヨーク証券取引所の親会社インターコンチネンタル取引所(ICE)が14日、自社の仮想通貨データフィードに新たにコインを追加すると発表した

ICEの仮想通貨データフィードは、今年1月にブロックストリーム社と共同で立ち上げられ、価格やオーダーブックなど仮想通貨関連データをリアルタイムで配信。提携する仮想通貨取引所は15を超えるという。執筆時点ではビットコインなど58種類の仮想通貨が対象となっている

今回ICEは、サポートする仮想通貨の数を数千に増やし、提携する取引所なども数百ほど追加すると発表した。

ICEは、仮想通貨業界では、仮想通貨プラットフォームBakkt(バックト)を立ち上げたことでも知られている。バックトは、まず最初の商品として現物受け渡しのビットコイン先物を開始する予定で、市場関係者の期待が高まっている。開始日について「2019年の初め頃」に明らかにするという。

【関連記事:バックトのビットコイン先物開始日「年初に明らかに」 仮想通貨市場の不透明感払拭なるか

翻訳・編集 コインテレグラフ日本版
原文 Intercontinental Stock Exchange Seemingly to Expand Cryptocurrency Data Feed