匿名取引に貢献して仮想通貨ビットコインを獲得 インコグニートが新ノードを発表

分散型ネットワークにプライバシー機能の導入を目指すインコグニートが、仮想通貨の匿名取引に貢献することで仮想通貨を稼げる「インコグニート・ノード」を発表した

このノード(ブロックチェーン上で取引承認をするコンピューター)はコンセントを差し込むだけで稼働。「世界中にあるノードがプライベート取引実行のために少しずつパワーを提供」し、「誰かが匿名で仮想通貨を送るたびにノードを立てている者のウォレットに仮想通貨が送られる」。

現在のところ対応している通貨は、ビットコイン、イーサリアム、バイナンスコインだ。

インコグニートは、ゼロ知識証明やリング署名、ステルスアドレスなど暗号技術を使ってプライバシーに重点を当てたネットワークの構築に進めている。また、コンセンサスアルゴリズムはPoS(プルーフオブステーク)を採用している。

インコグニートは、デジタル通貨の普及における大きな問題はプライバシーと主張。「あなたがいくら持っているか、あなたがそのお金で何をしたのか、どこから来たのか、誰に送ったのか、これらを誰でも知ることが可能で、あなたのファイナンスが完全に可視化されている」と問題提起した。