イリノイ州政府がブロックチェーン技術を医療免許発行用にパイロット運用

Illinois Blockchain Initiativeを通じて、イリノイ州がブロックチェーンスタートアップのHashed Healthと提携を結んだ。試験的にブロックチェーン技術を導入し、医師免許発行のプロセスや追跡のメカニズムを合理化する狙いだ。

ブロックチェーン企業向けのライセンス登録

同プログラムでは、提携を結んだ企業がライセンス登録や医師資格の情報共有システムをブロックチェーン上に構築することを狙いとしており、スマートコントラクトを利用することで情報が自動的にアップデートされる仕組みだ。
主な目標は、透明性の高い患者と医療提供者を結ぶネットワーク構築のための医療記録用チェーンの確立にある。

イリノイ州のブロックチェーンに対する取り組み

Illinois Blockchain Initiativeは、民間企業と5つの州政府機関で構成された初めのコンソーシアムで、スタートアップ企業が生み出すイノベーションを加速し、政府がブロックチェーンを利用したインフラ等の構築をする際に立ちはだかる障壁をなくすことが狙いにある。

同イニシアチブは主に3つの分野にフォーカスを当てている―

・仮想通貨、ブロックチェーン企業に優しい規制環境の構築
・イリノイ州へのオフィス設立誘致
・州政府が使用するブロックチェーンアプリケーションのプロトタイプの開発

参加している機関の中には、金融規制局、通商経済局(DCEO)、保険局(DOI)、そして最近新設されたイノベーション技術局(DoIT)などがある。
金融規制局のブライアン・シュナイダー長官は、様々な機関が同イニシアチブに協力をしている今の現状から、政府運営におけるブロックチェーンの導入のためにイリノイ州政府がいかに尽力しているかが伺えると語る―

「これらすべての機関が共に協力することでベストプラクティスを共有し、耳を傾けた上でアイディアを出し合っているという事実は、信じられないほどの強力なエンジンになり得ると私は考えています。いかにイリノイ州政府がそれらにまつわる障壁を打破するために最善を尽くしているかがわかると思います」