本人に無断でスタッフとして写真を掲載 仮想通貨取引所ゴックストレードに詐欺アラート

仮想通貨ビットコイン取引所を名乗るコックストレード(Goxtrade)は詐欺であるとテッククランチが17日に報じた

記事によると、ゴックストレードは無関係な人々の写真をソーシャルメディアから無断で入手してスタッフ一覧に掲載していた。一部では実名をそのまま使っていたという。

ブロックチェーンスタートアップClovyrの共同創業者がゴックストレードのスタッフとして掲載されていることに気づき、ツイッターに投稿した

「詐欺アラート:私はゴックストレードにおける開発者ではない。おそらくゴックストレードのビジネス自体が嘘だろう」

記事によると、ゴックストレードに書かれている英国の住所もデタラメで、連絡先は破産したバーミンガムのアパレル企業のものだという。

仮想通貨業界ではまだまだ詐欺案件が多い。

17日には、企業内データ取引システム「リパックス」とギャンブル向けプラットフォーム「ジョイトークン」が、仮想通貨の新規発行を用いた資金調達方法「イニシャル・コイン・オファリング(ICO)」を合同で実施し、突然の事業停止などで投資家の資金を奪う出口詐欺(Exit Scam)を行ったことが分かった。

翻訳・編集 コインテレグラフ日本版