グーグルが密かに仮想通貨の広告を解禁? 米レディットの利用者が指摘

 米検索大手のグーグルが、仮想通貨関連広告を密かに解禁したかもしれないことが27日に明らかになった

 米ソーシャルメディアのレディットの利用者によると、グーグルでビットコインと検索したところ、米仮想通貨取引所大手のコインベース の広告が出てきたという。

 現時点でグーグルから公式に仮想通貨関連の広告を解禁したという発表はない。グーグルは、3月にグーグルは仮想通貨関連の広告を今年6月から禁止すると発表した

 一方、フェイスブックは同じような禁止措置をとってきたが、6月26日からバイナリオプションやICOを除いて仮想通貨関連の広告を解禁した