ウォレット主導のトークンエアドロップでプロジェクト認知促進=Ginco

 仮想通貨ウォレットを提供するGinco(東京・渋谷)は10日、エアドロップされる通貨を、同社のウォレット使って自動的に受け取れる新サービスを開始した。エアドロップトークンを取得する際の煩雑な手続きを省くことで、受け身のユーザーにも通貨を配布し、ブロックチェーンプロジェクトのより広範な認知が期待できる。

 「Ginco Airdrop Program」では、仮想通貨の配布に加え、プロジェクトの概要を紹介する。同社によると、ユーザーは実際に仮想通貨を持つことで、サービスを利用する動機が高まる。また、コミュニティへの参加のきっかけにもなる。プロジェクト側は、ユーザーのロイヤルティを高め、長期的な関係を築く足がかりを得られる。

 ICOを実施中のプロジェクトは、原則的に同プログラムの対象外。Gincoと新たなエコシステムを創出していけるシナジーのあるプロジェクトを選定するという。現在の提携ずみのブロックチェーンプロジェクトは、製品認証プラットフォームのSeal、サービスとしてのAIを提供するATN、ヘルスケア情報などをユーザー間で売買し、マネタイズするプラットフォームのLympoとなっている。プログラムで配布するできるのは、現在のところERC20トークンのみ。

 Gincoはウォレットのほか、モンゴルでマイニング事業を行なっている。

  • フォローはこちら: