岐阜県警、駐車違反金の滞納で仮想通貨を差し押さえ=ロイター通信

岐阜県警が駐車違反金を滞納していた20代男性から仮想通貨を差し押さえた。9日付のロイター通信が報じた。

記事によると、岐阜県警は男性が仮想通貨取引所に預けていた約40万円分の仮想通貨を差し押さえ、違反金と滞納金で合計2万4000円を徴収したという。男性は2014年8月より駐車違反金1万5000円を滞納。催告書や自宅訪問で再三違反金の納付を求められたにも関わらず、応じなかったという。

仮想通貨の差し押さえは、米国、ドイツ、ブルガリア、英国など世界の国々で相次いでいる。米国では、押収された仮想通貨を売るオークションを催し始めた。

ただこれらの国々の警察当局が仮想通貨の差し押さえを行なった理由は、犯罪者が違法オンラインショップなどで仮想通貨が違法に使っていたことだった。