ドイツの銀行が来年にも仮想通貨の販売やカストディ業務開始|新法案が提出=報道【ニュース】

2020年にもドイツの銀行で直接、ビットコインなど仮想通貨の販売やカストディ(保管)業務が開始される。ドイツの現地メディアHandelsblattが報じた

報道によると、ドイツで仮想通貨を従来の資産と同様に金融機関が保管することを認める法案が提出されたという。すでにドイツ連邦議会を通過し、各州の承認を待っている状態で、来年にも施行される予定だ。

法案では、これまでに必要とされていたサードパーティのカストディアンや仮想通貨の関連子会社などを介することなく仮想通貨サービスを提供できる旨が記されているという。顧客は株式や債券などと同様に仮想通貨を管理運用できるようになる。

ドイツの大手コンサルティング会社DLCのスベン・ヒルデブラント氏Handelsblattに「ドイツは仮想通貨大国になる可能性がある。ドイツの議員は仮想通貨規制の先駆的役割を果たしている」と語った。