G20草稿「仮想通貨は通貨ではなく資産」

 ブルームバーグが入手したG20の草稿によると「仮想通貨は法定通貨としての特徴を欠いている」。G20が仮想通貨を資産として考えていることが伺える文章だ。ブルームバーグが20日に伝えた

 仮想通貨の定義の問題は、本日午後(現地時間)にも議論される見通しだ。

 金融安定理事会(FSB)のクラース・クノット会長(兼オランダ中央銀行総裁)は「クリプト・アセットと呼ぼうが、クリプト・トークンと呼ぼうが構わないが、しかし、私に言わせれば、クリプト(仮想)通貨では絶対にない。ということは、はっきり申し上げておく」と話している。「どんな仮想通貨も経済における通貨の3つの役割を果たしているとは思えない」と付け加えた。

 昨日、英国中央銀行の総裁がG20に「仮想通貨は世界経済にリスクではない」と書簡を送ってから、ビットコイン価格は1000ドル近く上昇している。