仮想通貨事業者向けウォレット開発、フレセッツが3億5千万円調達

 ブロックチェーンの研究開発を行うフレセッツ(東京・文京)は18日、セレス(同・世田谷)とユーテック(東京大学エッジキャピタル、同・文京)から計3億4900万円を調達したと発表した。近日公開予定の事業者向け仮想通貨ウォレット管理システム (EWM)「Bitshield」の開発、エンジニアの採用、マーケティング費などに当てる。

 フレセッツが開発中のEWMは、複数のホットウォレットとコールドウォレットをそれぞれマルチシグで複合利用できる事業者向けウォレット。同社によると取引所など事業者向けは世界初。

 事業者は秘密鍵の管理について、各社の内部統制基準に合わせて業務フローとして導入が可能で、社内に専門家を抱えなくても良いなどのメリットがあるという。