フランス政府、EU内での仮想通貨ルールと「パブリックデジタル通貨」発行呼びかけ

フランスのブルーノ・ル・メール財務相は13日、欧州連合(EU)内での仮想通貨に関する共通ルールと「パブリックデジタル通貨」の発行を目指すべきだと発言した。ロイター通信が報じた。フェイスブックの仮想通貨リブラに対抗するためとみられる。

ル・メール財務相がフィンランドで開かれているEU財務相会議で述べた。仮想通貨における「共通フレームワーク」や「パブリックデジタル通貨」については具体的な詳細は明らかになっていないが、パブリックデジタル通貨は中央銀行のデジタル通貨(CBDC)のことを指していると思われる。

パブリックデジタル通貨については、来月にもその他の大臣と協議する予定という。

ル・メール財務相は12日、欧州でリブラの開発を認めないという発言をしたばかり。

【関連記事:仏財務相「欧州でリブラの開発を認めない」 フェイスブックの独自仮想通貨に逆風