仮想通貨ビットコインは1万ドル突破でFOMO発動 最大4万ドルまで一気に上昇 ファンドストラット代表が予想

ビットコイン強気派として知られるファンドストラット代表のトム・リー氏は、バイナンスのウェイ・ジョウCFOとのインタビューの中で、1万ドルを突破すればFOMO(取り残されることへの恐怖)が発動し最大4万ドルまで上昇する可能性があると大胆予想をした。

6月10日午前11時45分時点では8000ドルを割っているビットコインだが、リー氏は1万ドルを超えさえすればFOMOが発動すると予想した。

(出典:TradingView「ビットコイン/米ドル(1日)」)

FOMOとは、Fear of Missing Out、つまり「取り残されることへの恐怖」を指している。価格が一定の水準に到達すれば静観中の投資家が相場に戻り、価格を一層押し上げる現象だ。

ファンドストラットは先月30日、過去の統計データを参考に投資家が最大級にFOMOを感じる「FOMOレベル10」は1万ドルを超えた付近と予想した

今回、ジョウCFOとのインタビューの中でリー氏は、1万ドルでFOMO発動したら、「素早く、そして怒り狂ったかのように」2万ドルに到達するだろうと予測。さらに、歴史的にFOMOになれば、200%~400%上がったことを指摘し、次のように述べた。

「もしビットコインがどうにか(1万ドルに)到達できれば、5ヵ月で4万ドルまで一気に駆け抜ける可能性は高い」

【関連記事:投資家が本当に焦り始めるのはいつ?仮想通貨ビットコイン、1万ドル超えたら”FOMOレベル10”