5つのBitcoinの価格急落とそれらから学ぶこと

先月はBitcoinの価格が最近5,000ドルと最高値に達した直後、3,000ドル近くに戻ってくるという、変動が激しい一月だった。
これらの価格の急落はデジタル通貨の一部であり、10、20、さらには40%の低下はそれほど珍しくない。
Bitcoinが始まって以来、いくつかの重大な価格の急落があったが、学習するための良い教訓でもあった。

2013年4月のメルトダウン
Bitcoinの価格は233ドルから67ドルと、12時間で71%の大幅な低下となった。これは回復するのに7ヶ月かかった。

2013.png

このメルトダウンは、Bitcoinが主流となったことに起因していた。デジタル通貨は2013年までに15ドルを超えたことはなかったが、メディアの報道が氾濫して200ドルを上回った。
これは、猛烈な価格上昇に追随した劇的で暴力的な価格修正であったが、Mt. Goxにおける停電もあった。(この停電が誘引であるとも言われている。)

有名な2013年バブル
4月以降、Bitcoinの価格は11月下旬に突然価格が急騰して1,150ドルになるまで120ドル前後にいた。しかし、12月中旬までに、価格は半分以下に転落した。それは4年間停滞して再び1,000ドルを超えることになる。

2013bubble.png

アマチュア投資家がデジタル通貨を急落させたため、2013年後半の墜落にバブルの兆しがみられた。規制当局がポジティブな立場を取っていく中、Coinbaseなどの取引所は購入プロセスを容易にしていたため、バブルはさらに続いた。

Mt. Goxの不幸
2013年12月のバブルの崩壊後、回復するのに時間がかったのは Mt. Goxの災害があったからだ。この災害はBitcoinという船全体を沈めかけた。この災害により Bitcoinは1月と2月にかけて、867ドルから439ドルに突然50%近く下がった。

mt.gox.png

この崩壊は、Mt. Goxがハックされたと発表した際に発生した。同年 2月7日、両替所は引き出しを停止し、また、後に窃盗犯が850,000のBitcoins(今日は約3億5千万ドル相当)得したことが明らかになった。

2017年のサマーセール
今年の1月上旬、Bitcoinの価格は再び1,000ドルを超え、6月まででデジタル通貨が3,000ドルを突破したことから、大規模な価格上昇を起こした。しかし、7月中旬には36%減の1,869ドルとなった。

summer sale.png

ブームと関心が高まったにもかかわらず、コードに関する懸念と採掘者の不一致が残った。 8月1日のハードフォークは、ユーザーとマイナーが異なる解決策を模索していたため、コインの将来について多くの投資家を不安にさせた。

皮肉なことに、意見の不一致から8月にライバルのBitcoin Cashが生まれることに繋がったが、これはBitcoinに長期間の害を及ぼさなかったようだ。

中国の厳しい介入
上記の問題が解決され平和が訪れると、Bitcoinはもう一度大きな成長を遂げ、暴落した。 9月の初めに5,000ドル近くまで上昇したが、9月15日までに37%減少し、Bitcoinの総時価総額から30億ドル以上が失われた。

china.png

この価格下落は中国が原因だ。中国は、まずICOを大きく批判、デジタル通貨交換を違法にし、金融システムに対する感情を喚起した。

 


学ぶべき教訓
Bitcoinの中でも、デジタル通貨は変動が大きいことは明らかだ。
Bitcoinの価格の急落が、主要なハックや政府の取り締まりなど、外的なショックと結びついた投機的な急増と一致するように見えることは明らかだ。


 

Bitcoinが直面した5つの脅威....そして挫折

menaces.jpg


しかし、Bitcoinは常に戻ることはわかっている。元に戻るのには、1週間から数年の間であればどこでも構わない。長期的な保有期間は、大規模な落下によるストレスを回避する。

後半の価格の急落は、はるかに小さく、元に戻るのにはより速く弾力性があった。これはビットコイン市場が成熟しつつある市場であることを示している。今日、仮想通貨市場は非常に大きく、弾力性があることが証明されている。


 

※原文

https://cointelegraph.com/news/five-bitcoin-crashes-and-what-you-can-learn-from-them


コインテレグラフジャパンの公式ツイッターをフォロー