著者 中村 孝也(なかむら たかや)Fisco 取締役(情報配信事業本部長・アナリスト)

日興證券(現SMBC日興証券)より2000年にフィスコへ。現在、フィスコの情報配信サービス事業の担当取締役として、フィスコ金融・経済シナリオ分析会議を主導する立場にあり、アメリカ、中国、韓国、デジタル経済、(仮想・暗号)通貨などの調査、情報発信を行った。フィスコ仮想通貨取引所の親会社であるフィスコデジタルアセットグループの取締役でもある。なお、フィスコ金融・経済シナリオ分析会議から出た著書は「中国経済崩壊のシナリオ」「【ザ・キャズム】今、ビットコインを買う理由」など。

ビットコインテクニカル

ビットコインは2月の戻り高値115万円を明確に上回り、8月18日に一時132万円まで上昇した。「抵抗線A」を上に突破、90万円強の「支持線1」から110万円強の「抵抗線A」の倍返しである130万円強の「抵抗線B」まで上昇した格好である。 その後、110万円割れの水準まで調整。6~7月のもち合い中心線100万円弱からの上昇に対して、その多くを消す格好となったが、現在120万円近辺での推移となっている。4週間の調整を経て、日柄調整も経た格好だ。目先は底堅めを経て、110万円強~130万円強のボックス上限を目指すというのがメインシナリオか。ただし、アメリカの大統領選までは動きにくいということもあり、じり高傾向しか示せないという状況は十分に想定し得る。 なお、ビットコイン価格は、NYダウや日経225に1~2週間ほど先行して動いている状況が継続している。ナスダック指数は次の変化日が11月初旬であり、そこまで堅調という前提に立てば、ビットコイン価格はあと1~2週間程度で頭打ちになっている可能性もある。