著者 中村 孝也(なかむら たかや)Fisco 取締役(情報配信事業本部長・アナリスト)

日興證券(現SMBC日興証券)より2000年にフィスコへ。現在、フィスコの情報配信サービス事業の担当取締役として、フィスコ金融・経済シナリオ分析会議を主導する立場にあり、アメリカ、中国、韓国、デジタル経済、(仮想・暗号)通貨などの調査、情報発信を行った。Zaifの親会社であるZaifホールディングスの取締役でもある。なお、フィスコ金融・経済シナリオ分析会議から出た著書は「中国経済崩壊のシナリオ」「【ザ・キャズム】今、ビットコインを買う理由」など。

ビットコインテクニカル:

ビットコイン価格は410万円程度の「支持線1」と510万円程度の「抵抗線(であった)A」の倍返し610万円を明確に突破、628万円まで上昇した。赤丸の箇所2020年8月、同11月末から12月初旬の調整と、その後の上昇時において、ビットコイン価格は100%を上回る上昇率を達成している。次の上値めどとされた約410万円と「抵抗線(であった)A」の約510万円の倍返し約610万円は、直近調整後の安値300万円からの上昇率で100%強であった。

足もとの調整は455.9万円までとなり、300万円から612万円の上昇幅に対して、ちょうど半値押しの水準である。テクニカル分析的には半値押しは全値押しとも言われるが、昨年12月から今年1月の上昇に対する調整も半値押しであった。トレンド転換は再び455.9万円を下回った際と考えて良いのだろう。現状、上昇トレンドは継続となり、上値めどはボックス倍返しで710万円程度、足もとの調整を起点とした100%上昇で910万円などが試算される。

なお、ビットコイン価格は、NYダウや日経225に1~2週間ほど先行して動いている状況である。ビットコイン価格の急落日から想定するに、1~2週間後の2月中旬までの動きに警戒が必要であったが、株式市場はいったん調整に転じた。ビットコイン価格で全てを語るつもりはないが、似通った動きが遅行するとしたら、株式市場もそろそろ上昇トレンドの最中の上昇一服が想定される。

本記事の見識や解釈は著者によるものであり、コインテレグラフの見解を反映するものとは限らない。