イーサリアムのヴィタリック 仮想通貨ビットコインやアルトコインなどの保有率明かす

イーサリアムの共同創設者ヴィタリック・ブテリン氏が18日に自身の保有資産を公開。事実上ほぼイーサリアムに投資していることを明かした。

米SNSレディットの「何でも聞いて」というセッションでブテリン氏は、利益相反を避け、イーサリアムの説明責任を果たすために自身の保有資産などについて公開した

・イーサリアムのエコシステムでないトークン:ビットコインキャッシュ (BCH)、ビットコイン(BTC)、ドージコイン(DOGE)、ジーキャッシュ(ZEC)<自身が持つETHの価値の10%

・ETHのエコシステムでないトークン:カイバー(KNC)、メーカー(MKR)、オミセゴー(OMG)、オーガー(REP)<自身が持つETHの価値の10%

・(ブロックチェーン研究開発の)Clearmaticsと(プライバシーにフォーカスする)Starkwareの株を大量に保有。

・イーサリアム財団の給料以外、過去12カ月の収入にはトークンへのアドバイス料が含まれる。

・非金銭的な関わり:上記のプロジェクトに代表されるエコシステム、トークンを発行しないイーサリアムの組織(Plasma Group,、EthGlobal,、EDCON)とトークンを発行しないイーサリアム以外の組織(主に暗号学と経済学者の集団)における友達との関係


ブテリン氏は、より多くの方が上記のような情報公開をすることを支持すると述べた。