イーサリアムのクジラ 仮想通貨ETHの保有額を増やす

仮想通貨イーサリアム(ETH)の大口投資家、いわゆるクジラが保有するETHが右肩上がりで増加している。調査会社のDiarが3日のレポートで伝えた。年初来から弱気相場が続いており、とりわけイーサリアム(ETH)の価格は85%以上も下落したにも関わらず、クジラたちはETHを集めていることになる。

イーサリアムの保有数を増やすクジラたち

(引用元:Diar 「アクティブなクジラの保有額は2017年以降4倍に(ETG)」)

Diarによると、先月末時点でイーサリアムのクジラたちは2000万ETH以上を保有。全体の流通量のほぼ5分の1にあたる量を占めた。年初の時点でクジラのETH保有額は1000万ETHで、2017年初頭はたった500万ETHだった。

ただ、クジラの保有額をドル換算すると、年初は210億ドルだったのに対して現在は23億ドルとほぼ10分の1に減少。イーサリアムの価格は年初来で85%以上下落している。

イーサリアム・米ドルチャート

 

(引用元:Tradingview「イーサリアム(ETH)/米ドルの推移(年初来)」)

Diarのレポートは、この理由としてイニシャル・コイン・オファリング(ICO)の投資家によるイグジットの可能性が高いと指摘。ICO市場に陰りが出る中、投資家が投資資金の回収(イグジット)を模索しているのではないかとみている。多くのICOトークンはETHに連動している。