EU規制当局ESMA、2022年までの戦略で仮想通貨の規制強化を検討【ニュース】

欧州証券市場監督局(ESMA)は9日、2020年〜2022年の戦略オリエンテーションを発表した。

この中でEU市場はデジタル化による、新たなリスクに直面していると指摘。仮想通貨と関連サービスへの規制強化を検討している模様だ。

「金融システムに対するサイバー攻撃の危険性と仮想通貨の健全な法的枠ぐみはESAやESRB(欧州システミックリスク理事会)、ECB(欧州中央銀行)、欧州委員会とともにESMAの重点分野になりつつある」

ESMAはこれまでに全てのICOをチェックし、どのように規制されるべきか検討を進めるなど仮想通貨業界を監視している。

【関連記事:EU規制当局 「ICO規制に関して年末までに報告する」