米ビットコインファンドCEO「来週50%下落する可能性もあるが来年には大幅上昇」72ドルの時から投資していた識者

 サンフランシスコに本拠をおく投資ファンドのパンテラキャピタルのダン・モアヘッドCEOが、ビットコインが再び高値更新する前に50%下落する可能性もあるとのべた。19日、米CNBCに語った。同氏はビットコインが72ドルだった時から投資しており、現在はブロックチェーンに特化したファンドを運営するなど仮想通貨業界に詳しい。

 同氏は、大きな下げがあるかとの問いに答え、一般論として「それはあり得る。来週50%下がって一か月前にみられた価格に戻る可能性もある。これだけ急激に伸びている市場には下降気流が生じることもあるが、一年後には大幅に現在の価格より上昇しているだろう」とした。

 「ビットコイン、イーサリアム、リップルのような大きなブロックチェーンはこれから何十年もかけて発展するもので、現在は野球でいう第1回のようなものだ。そして上げたり下げたりしながら進んでいくが、まだまだ初期段階だ。」

 パンテラキャピタルは2013年の創設以来120倍の成績をあげている。過去2カ月で60%の成績を上げているという。

  • フォローはこちら: