欧州最大のETFファンド、仮想通貨市場に参入 

 オランダのアムステルダムに拠点を置く高速取引業者フロー・トレーダーズNVが、仮想通貨業界に参入したとブルームバーグが5日に報じた。オランダの規制当局は仮想通貨の売買をしないように呼びかけていたが、フロー・トレーダーズはこの警告を意に介さずに参入を決めたことになり、仮想通貨業界にとっては追い風になるかもしれない。

 フロー・トレーダーズは、欧州で最大のETFファンド。ブルームバーグによると、2018年の第1四半期には世界で2440億ユーロ(2840億ドル)の取引高があった。フロー・トレーダーズは、ビットコイン(BTC)やイーサリアム(ETH)をベースにした上場投資証券(ETN)の売買を行う初めての企業になる。この動きにより、これまでより仮想通貨の投資がより安く、より簡単になると見られている。フロー・トレーダーズのCEOデニス・ダイクストラ氏は、仮想通貨は過小評価されているとした上で次のように述べた。

 「この市場は大きい。規制されるのもすぐだろう。仮想通貨市場の参加者はみんなが思っているよりプロフェッショナルだ。機関投資家も興味を持っている。なぜ知ってるかって?我々に問い合わせが来ているだ」

 ダイクストラ氏によると、フロー・トレーダーズはCMEやCBOEの先物取引を使って仮想通貨の上場投資証券をヘッジしており、「かなりのリターン」を稼いでいるという。

 ただオランダの金融市場庁(AFM)は、フロー・トレーダーズに共感していないだろう。AFMの広報ニョンク・トレンスマ氏は次のように述べた。

 「仮想通貨での取引はしないよう消費者にもプロのライセンス所有者にも求める。この業界は新しい上に匿名性が高く、乱用されやすい。通貨として約束されている能力を有していないため、我々は資産クラスとみなさない」

 しかし、AFMがいくら警告しようとも、取引を禁止することはできないという。