著者 DMM Bitcoin マーケットレポート

プロフィール:暗号資産交換業者。DMM Bitcoinなら、豊富な取扱い暗号資産(仮想通貨)種類(レバレッジ11種類、現物3種類)でお取引が可能です(※2020年10月現在)。厳重なセキュリティで、お客様が安心して暗号資産のお取引ができる環境を提供します。最短当日に口座開設可能。(暗号資産交換業 関東財務局長 第00010号、第一種金融商品取引業 関東財務局長(金商)第3189号、加入協会:一般社団法人日本暗号資産取引業協会)

(出典:DMM Bitcoin「BTCJPY 1時間足」)

先週末(11/13-15)のBTCJPY相場は170万円台が重く、166.1万円まで反落

金曜日(11/13)のBTCJPYは、午前中に年初来高値を更新した後、利益確定の売りに押され小幅下落。

節目となっていた170万円を上抜けしてスタートしたBTCJPYは、その後も上値を伸ばして、午前10時過ぎには172.9万円に到達し、3日連続で最高値を更新した。

日経平均株価も国内外の新型コロナウイルス感染拡大への懸念や、8連騰していた高値警戒感から下落する展開となり、BTCJPYも172.9万円から東京市場時間の終盤にかけて、170万円まで下落することとなった。

欧州市場時間以降も下落の流れは継続。翌午前1時過ぎには167.2万円まで下落し、午前中につけた年初来高値から約6万円調整することとなった。しかし、そこは167万円で、サポートされて反発すると、再び上昇の流れへ。ダウ平均株価が400ドル近く上昇していたこともあり、BTCJPYも勢いを取り戻し、午前3時には170万円まで値を戻した。その後は週末ということもあり、目立った動きもなく170万円を挟んだ小動きに終始し、終わってみれば、13日は実体の短い十字クロスの陰線となった

続きはこちら

本記事の見識や解釈は著者によるものであり、コインテレグラフの見解を反映するものとは限らない。