デジタルガレージなど運営のDGラボ、仮想通貨ビットコインのオープンソースプロジェクトへ寄付

デジタルガレージやカカクコム、クレディセゾンが運営する研究開発組織「DGラボ」は18日、オープンソースで仮想通貨決済のソフトウェア「BTCPay Server」を手がける「BTCペイ・ファウンデーション」へ寄付することを発表した。

寄付額は非公表。

BTCペイ・ファウンデーションへは今月15日に米モバイル決済企業スクエアが助成金の提供を発表しており、これに続くもの。

【関連記事:米決済企業スクエア、仮想通貨ビットコインのオープンソースプロジェクトへの支援開始 第一弾でBTCペイに10万ドル助成

DGラボは、BTCPayが非営利でビットコイン関連の開発支援をおこなっており、これに賛同し寄付したという。