エムシソフト社、仮想通貨ビットコインを要求する身代金ランサムウェアの対策ソフトを無償提供へ

サイバーセキュリティ企業のエムシソフト(Emsisoft)は25日、ビットコインを要求するランサムウェア「ワナクライ・フェイク」の対策ソフトの無償提供開始を発表した。

ワナクライは2017年に広がった身代金ランサムウェア。「ワナクライ・フェイク」はこの次のバージョンのランサムウェアだ。

ワナクライにコンピュータが感染すると、データが人質になり、アクセスするためにビットコインの支払いが要求される。エムシソフトは「どのような状況になっても連絡を取り合うべきではない」とし、感染した場合でも身代金を支払わないよう警告している。

今後エムシソフトが提供する無料の対策ソフトである復号化ツールはデータを損失することなくファイルが回復できるようにサポートするという。

翻訳・編集 コインテレグラフ日本版