先月のビットコインの急騰は最終金曜日直後、今月はどうなる【仮想通貨相場】

著者 松田康生 (まつだやすお)FXcoin シニアストラテジスト

東京大学経済学部 国際通貨体制専攻 三菱銀行(本部、バンコック支店)ドイツ銀行グループ(シンガポール、東京)を経て2018年7月より現職。 短国・レポ・為替・米国債・欧州債・MBSと幅広い金融市場に精通

仮想通貨市況

Review

香港人権法案は香港にプラスか?

昨日のBTC相場はもみ合い推移。急騰後は7500ドルのストライクもあり、その前後でのもみ合いに終始した。中国での取締強化で6500ドル割れ下落していたBTC相場だが、その後は米中第一段階合意の見通しや韓国アップビットでの大規模ハッキングなど本来は売りとなっても不思議のない材料で大きく上昇した。昨日はBloombergが中国の取締強化で既に5つの交換所が閉鎖に追い込まれたとの報にも殆ど反応を見せず、一方でトランプ大統領が香港人権法案に署名したことで米中対立再燃を危惧し市場全体がリスクオフに傾く中、BTC相場も上値を重くした。この中国が内政干渉と猛反発した法案は、制裁をちらつかすことで北京政府をけん制、民主派を援護射撃した形だが、場合によっては香港への特権をはく奪する内容は長期的には香港の地盤沈下を促し、中国版CBDCを早めることとなろう。その後は、7500のストライクを挟んでの上下を続けている。
 

Outlook

続きはこちら

本記事の見識や解釈は著者によるものであり、コインテレグラフの見解を反映するものとは限らない。本記事の見識や解釈は著者によるものであり、コインテレグラフの見解を反映するものとは限らない。