NHKニュースにビットコイン登場、何を示唆するか?【朝の仮想通貨市況】

著者 松田康生 (まつだやすお)FXcoin シニアストラテジスト

東京大学経済学部 国際通貨体制専攻 三菱銀行(本部、バンコック支店)ドイツ銀行グループ(シンガポール、東京)を経て2018年7月より現職。 短国・レポ・為替・米国債・欧州債・MBSと幅広い金融市場に精通

Review

パニック売りも落ち着きを取り戻す

週末のBTC相場は73万円台へ急落も切り返す、大きく下に往って来いの展開となった。目立った材料が無い中上昇を続け、BTCの90万円台、ETHの3万円台などと達成感が出ていた仮想通貨相場は、ここ数日のサポートだった83-85万円付近を割り込むと73万円台まで急落。その後、高値91.5万円と安値73.6万円の半値戻しの82.5万円近辺まで反発するも75万円台まで反落するなどパニック的な動きが見られ、急落の原因を巡ってもBitstampでの5000BTCの売りやBitfinexやBitMEXでのロスカット取引等に求めるなど、動揺が続いた。Bitfinexが10億ドルの資金調達を行ったLEOを20日に上場されると伝わるとテザーの裏付け問題に一区切りがつくと安心感が広がり、押し目買い意欲に半値戻しの水準を上抜けると急騰、午後のNHKニュースにBTC上昇が紹介されると90万円近辺まで値を上げている。

Outlook

続きはこちら

本記事の見識や解釈は著者によるものであり、コインテレグラフの見解を反映するものとは限らない。本記事の見識や解釈は著者によるものであり、コインテレグラフの見解を反映するものとは限らない。