上昇はBakktか?BitfinexのIEOか?【朝の仮想通貨市況】

著者 松田康生 (まつだやすお)FXcoin シニアストラテジスト

東京大学経済学部 国際通貨体制専攻 三菱銀行(本部、バンコック支店)ドイツ銀行グループ(シンガポール、東京)を経て2018年7月より現職。 短国・レポ・為替・米国債・欧州債・MBSと幅広い金融市場に精通

Review

SEC、IEOは証券法に抵触の恐れ

昨日のBTC相場は再び急上昇。週末に本邦証拠金取引においてサーキットブレーカーが発動するほどのショートスクィーズが発生、現物市場でも86万円を付ける急騰を見せていたが、その後の上昇で高値更新に失敗すると75万円割れまで値を下げていたが、Binanceがハッキングで停止していた入出金の再開を発表した事もあり下げ止まった。その後は70万円台後半でもみ合っていたが、BakktがCFTCにBTC先物開始を申請し数か月以内に取引開始を予定、7月からUATを開始すると発表。またテザーの準備不足分を上回る10億ドルをBitfinexがIEOで調達に成功したと伝わると上昇、米中貿易戦争激化でNY株が大きく下げると週末の高値86万円を上抜け90万円手前まで急騰。しかし、SECのクリプトシーザー・ヴァレリー氏が最近のIEOは証券法に抵触している可能性を指摘した事もあり反落を見せている。

Outlook

続きはこちら

本記事の見識や解釈は著者によるものであり、コインテレグラフの見解を反映するものとは限らない。本記事の見識や解釈は著者によるものであり、コインテレグラフの見解を反映するものとは限らない。