著者 松田康生 (まつだやすお)FXcoin シニアストラテジスト

東京大学経済学部 国際通貨体制専攻 三菱銀行(本部、バンコック支店)ドイツ銀行グループ(シンガポール、東京)を経て2018年7月より現職。 短国・レポ・為替・米国債・欧州債・MBSと幅広い金融市場に精通

Review

FRB緊急声明

週末のBTC相場は軟調な展開。金曜日に95万円を割り込むと、週末は95万円が天井となる展開。但し、日本円で見るとレンジを切り下げているが、多分に円高の影響もあり、ドル建てでは小幅な下落にとどまっている。新型ウィルスの米国での拡大懸念から米株の暴落に連れ安となっていたBTC相場だが、FRBの緩和策に期待が高まっていたところに木曜日のシカゴ連銀のエバンス総裁の対策検討は時期尚早との発言に失望し史上最大の下落を見せ、BTC相場も次々とサポートをブレークしていた。その後は円高の影響で円建てでBTC下落は進み、金曜日の米株が再び一時1000ドル安となるとBTC相場も91万円台に下落した。しかしFRBが緊急声明で次回利下げを匂わし、米株も引けにかけて値を戻すと95万円台まで値を戻したが、米国での初の死者発生との報もあり上値を重くしていた。週明けは107円付近まで円高が進んだ影響もあり91万円近辺まで値を下げている。
 

Outlook

続きはこちら

本記事の見識や解釈は著者によるものであり、コインテレグラフの見解を反映するものとは限らない。