著者 松田康生 (まつだやすお)FXcoin シニアストラテジスト

東京大学経済学部 国際通貨体制専攻 三菱銀行(本部、バンコック支店)ドイツ銀行グループ(シンガポール、東京)を経て2018年7月より現職。 短国・レポ・為替・米国債・欧州債・MBSと幅広い金融市場に精通

Review

WHOパンデミックを宣言

昨日のBTC相場は上値の重い展開。78万円台から反発。しかし85万円台で上値を重くするとじりじりと値を下げるも、ドル円が反発した影響もあり79万円台で下げ止まっている。NYダウが史上最大幅の下落を見せるなど週明けの金融市場は大混乱となったが、トランプ大統領の経済対策への期待もあり相場は全体的に持ち直していた。しかし、昨日の記者会見に大統領本人が欠席したことで若干失望感が漂った。BTC相場も85万円近辺で上値を抑えられるとそこからジリジリと値を下げていく展開。大統領の経済対策に野党から反対の声が上がり、超党派の早期成立が難しくなったことも一因か。午後になると本邦巨額ハッキング事件での初の逮捕者、英利下げや経済対策もあり小じっかりしたが、下がって始まった米株がWHOのパンデミック宣言もあり大きく値を下げたが、80万円、7600ドル割れの水準で切り返すと、83万円、8000ドル近辺まで値を戻している。

Outlook

続きはこちら

本記事の見識や解釈は著者によるものであり、コインテレグラフの見解を反映するものとは限らない。