ビットコイン相場がじりじりと上昇、高値更新した背景は?【朝の仮想通貨市況】

著者 松田康生 (まつだやすお)FXcoin シニアストラテジスト

東京大学経済学部 国際通貨体制専攻 三菱銀行(本部、バンコック支店)ドイツ銀行グループ(シンガポール、東京)を経て2018年7月より現職。 短国・レポ・為替・米国債・欧州債・MBSと幅広い金融市場に精通

Review

じりじりと上昇

昨日のBTC相場は底堅い展開。98万円台で下値を固め、100万円近辺の売りをこなすと、今年最高値となる103万円近くまで値を上げた。Facebookが開発するリブラに対し、米議会が開発の一時中止と公聴会開催を求め、ロシア議会で禁止の見通しが伝わったこともあり上値を重くしていたが、FOMCで年内利下げの公算が高くなり、米上院公聴会の日程が固まると100万円台を回復した。日銀政策決定会合では現状維持となり、黒田総裁の会見でも具体的な追加緩和策は示されず、またインドでもリブラは禁止される見通しと伝わり、更に創設者死亡により秘密鍵が紛失したとされたQuadrigaCXに関しEYが同氏が預かり資産を私的流用していたと伝わる一方、CME建玉が過去最高を記録し、Lineが国内で来月にも交換所開設との報やWestern UnionがXRP使用テストを継続している等、硬軟材料が交錯し100万円近辺で揉み合ったが、この水準の売りをこなすと前回高値を更新した。

Outlook

続きはこちら

本記事の見識や解釈は著者によるものであり、コインテレグラフの見解を反映するものとは限らない。本記事の見識や解釈は著者によるものであり、コインテレグラフの見解を反映するものとは限らない。