ビットコイン90万円回復、上昇トレンド継続を確認したか?【朝の仮想通貨市況】

著者 松田康生 (まつだやすお)FXcoin シニアストラテジスト

東京大学経済学部 国際通貨体制専攻 三菱銀行(本部、バンコック支店)ドイツ銀行グループ(シンガポール、東京)を経て2018年7月より現職。 短国・レポ・為替・米国債・欧州債・MBSと幅広い金融市場に精通

Review

事なきを得る

昨日のBTC相場は堅調な展開。高値圏で揉み合うも88万円近辺で上値の重い展開がつづいたが、最後に90万円台乗せに成功した。香港のデモ隊強制排除を嫌気した逃避買いもあり、ここ数日のレンジの上限88万円を上抜け急騰したBTC相場だが、90万円へあと一歩というところでLTCの下げもあり上値を重くした。今年3月に認可を受けた国内交換所でシステム障害が発生、若干値を下げるも、程なく取引再開し値を戻していた。更に顧客資産・情報とも流出は無かったと発表されると安心感から値を上げ始めた。その後、Bitfinex初のIEOが11秒で完売、BakktがUATを7月22日に開始すると発表すると値を上げるが89万円近辺では上値を重くした。しかし、朝方に証拠金取引国内最大手交換業者のシステムメンテもあり市場が薄くなったところで、漸く90万円台乗せに成功している。

Outlook

続きはこちら

本記事の見識や解釈は著者によるものであり、コインテレグラフの見解を反映するものとは限らない。本記事の見識や解釈は著者によるものであり、コインテレグラフの見解を反映するものとは限らない。