週末の底入れは本物だったビットコイン。ここからどうなる?【仮想通貨相場】

著者 松田康生 (まつだやすお)FXcoin シニアストラテジスト

東京大学経済学部 国際通貨体制専攻 三菱銀行(本部、バンコック支店)ドイツ銀行グループ(シンガポール、東京)を経て2018年7月より現職。 短国・レポ・為替・米国債・欧州債・MBSと幅広い金融市場に精通

Review

200日移動平均線ワンタッチ

昨日のBTC相場は堅調な展開。100万円台からの反落後の93-97万円のレンジを一旦下抜けたものの90万円でサポートされると、今度はレンジを上抜け97万円台に乗せている。先週までは新型肺炎による米株の不調などもあり上値を重くしていたBTC相場だが、半減期を先に迎えるBCHの上昇もあり下げ止まると、中国政府が1000万都市武漢の実質閉鎖や春節期間中の団体海外旅行の禁止、更に春節連休の延長と想像を超えた対策を矢継ぎ早に打ち出すと、逆に世界景気への影響が懸念され始め、今度はウィルス問題が買い材料に転じて行った。月曜日にはドル円が109円割れ、日本株が大幅安、米金利も急低下する中、BTC相場は94万円台乗せオフショア人民元安が一旦止まると落ち着きを見せたが、蘇州市で春節後も1週間工場の操業停止が要請されるなどサプライチェーンへの影響が懸念される中、米株も大幅安、97万円台に乗せ、米ドルで9000ドル水準をトライしている。

Outlook

続きはこちら

本記事の見識や解釈は著者によるものであり、コインテレグラフの見解を反映するものとは限らない。