なぜ日銀参加のCBDC研究にFRBは不参加なのか?【仮想通貨相場】

著者 松田康生 (まつだやすお)FXcoin シニアストラテジスト

東京大学経済学部 国際通貨体制専攻 三菱銀行(本部、バンコック支店)ドイツ銀行グループ(シンガポール、東京)を経て2018年7月より現職。 短国・レポ・為替・米国債・欧州債・MBSと幅広い金融市場に精通

Review

新型肺炎

昨日のBTC相場はもみ合い。引き続き、上の96万円台、下の93万円台をトライするも抜けきれず横ばい圏での推移が続いている。100万円台からの急落後、週明けは米休日ということもあってか小動きに終始したBTC相場だが、昨日は朝方にバグダッドの旧米軍管理地区(グリーンゾーン)にロケット弾が着弾したとの報に96万円台をトライするも失敗。今度は新型肺炎への懸念で中国株が崩れ円高・株安で世界的にリスクオフ相場になったが、2/4のハードフォークでオリジナルに回帰するとされたBSVやリップル社が出資するマネーグラムとアジアの大手送金業者Luluグループとの提携でXRPなどが上昇したこともありBTCは底堅く推移した。しかし、米時間に入り、Vodafoneのリブラ脱退に加え、米国で初の感染者が確認され米株が急落するとBTCも値を下げたが、93万円台でサポートされると、再び96万円台をトライしている。

Outlook

続きはこちら

本記事の見識や解釈は著者によるものであり、コインテレグラフの見解を反映するものとは限らない。