著者 松田康生 (まつだやすお)FXcoin シニアストラテジスト

東京大学経済学部 国際通貨体制専攻 三菱銀行(本部、バンコック支店)ドイツ銀行グループ(シンガポール、東京)を経て2018年7月より現職。 短国・レポ・為替・米国債・欧州債・MBSと幅広い金融市場に精通

Review

一時10000ドル割れ

週末のBTC相場は続落。金曜日に2月の高値で長らくレジスタンスだった10500ドル(111万円)を割り込むと、一旦は反発して見せたが、再び同水準を割り込み、一時10000ドル(106万円)割れ、底から反発するも今度は10500ドルがレジスタンスとなっている。木曜日の急落後、10500ドルで一旦サポートされていたBTC相場だが、NYダウが一時1000ドルを割るなど調整色が強くなる中、同水準を割り込み、何とか10000ドルでサポートされた。強めの米雇用統計を嫌気した米株が続落すると再び10000ドルをトライするも、トランプ大統領が記者会見をするとし米株が反発すると10500ドルを回復していた。しかし時間外でテスラ株が反落、DeFi銘柄も下げ止まらない中、ETHが8月のサポート360ドルを割り込むとBTCも一時10000ドル割れ。そこから買い戻しが入ったが、今度はETH360ドル、BTC10500ドルがレジスタンスとなる展開が続いている。
 

Outlook

続きはこちら

本記事の見識や解釈は著者によるものであり、コインテレグラフの見解を反映するものとは限らない。