著者 松田康生 (まつだやすお)FXcoin シニアストラテジスト

東京大学経済学部 国際通貨体制専攻 三菱銀行(本部、バンコック支店)ドイツ銀行グループ(シンガポール、東京)を経て2018年7月より現職。 短国・レポ・為替・米国債・欧州債・MBSと幅広い金融市場に精通

Review

1万ドル突破

連休中のBTC相場は上昇。木曜日に9500ドル(101万円)、日曜日には10000ドル(106万円)を上抜け、5月の戻り高値や年初来高値となる10400ドルを伺う展開となっている。6月から続く三角持ち合いを上にブレークした形となっていたBTC相場だが、水曜日には9500ドルを前に上値を重くしていた。しかし、調査会社などでステーブルコインやDefiブームでETH上での日次決済額がBTCを超えたと報じられる中、ETHが長らくレジスタンスとなっていた250ドルを上抜け1割強上昇するとBTCも上昇、ホワイトハウスと共和党との1兆ドルの追加財政支出合意や金の1900ドル乗せもあり103万円台まで上昇した。Bitmain社の内紛報道もあり1万ドルを前に上値を重くしていたBTC相場だが、ETHが2月の年初来高値を更新、300ドルを上抜けると、一旦は1万ドルに跳ね返されたが、60%まで低下したドミナンツが反発すると1万ドルを突破、107万円近辺まで上昇した。

Outlook

続きはこちら

本記事の見識や解釈は著者によるものであり、コインテレグラフの見解を反映するものとは限らない。