著者 松田康生 (まつだやすお)FXcoin シニアストラテジスト

東京大学経済学部 国際通貨体制専攻 三菱銀行(本部、バンコック支店)ドイツ銀行グループ(シンガポール、東京)を経て2018年7月より現職。 短国・レポ・為替・米国債・欧州債・MBSと幅広い金融市場に精通

Review

大手ヘッジファンドが先物参入

週末のBTC相場は堅調な推移。75万円(7000ドル)でサポートされると78万円台(7300ドル)まで上昇するも反落、結局7000ドル近辺での底堅いが上値の重い展開が続いている。中国メディアが5月からデジタル人民元(DCEP)のテスト開始を報じたこともあり、7000ドルや50日移動平均線(MA)を上抜けたBTC相場だったが、77万円台から反落するも、今度は7000ドルや50MAがサポートとなり下げ渋る展開。その後は、このところ相関性が高い米株が反発、金価格が下落する中、やや方向感を失っていた。そうした中、コインベースが米経済対策の給付金1200ドルと同額の入金が増えていることを報告、更にヘッジファンド大手ルネッサンスがCMEのBTC先物に参加すると報じられると78万円台まで上昇した。しかし、同水準で上値を重くすると76万円台まで反落、NY州知事の最悪期は過ぎたとの発言もあり若干値を戻している。

Outlook

続きはこちら

本記事の見識や解釈は著者によるものであり、コインテレグラフの見解を反映するものとは限らない。